デジタル遺品とは?

デジタル遺品とは?

デジタル遺品とは?

最近参加した研修会で「デジタル遺品」についての話を聴きました。

 誰かが亡くなったときに,いわゆる「遺産」があるのですが,今は,それが「デジタル」の形をしているものがあり,それが重要であることが多いというお話です。

 「デジタル遺品」というのは,

・ 写真などのデジタルデータ

・ ネット銀行,ネット証券会社などの情報(仮想通貨も)

・ ブログ,SNSなどインターネットサービスのアカウント

などが主なものだといわれています。

 そして,人が何の準備もせずに突然亡くなった場合には,遺された人たち(相続人たち)が,個人のパソコンやスマホを触って探索するしかありません。

 まず,「スマホのロックを外せるか?」からスタートしなければなりません。

 各種サービスの解約,アカウントの引き継ぎ(または解約)などを行っていくのですが,「デジタル」の世界ではサービス会社のほうも,相続発生時の対応が定まっていないケースが多いそうです。

 私が聴いた講演では,

・ 本人としては自分が亡くなる場合に備えて,必要なサービスに家族がアクセスできるようにしておくことが大切

とのことでした。

 いわゆる「エンディングノート」のようなものに重要なサービスのID・アカウントを書いてしまっておく。家族に保管場所を教えておく,等です。

 最近では,残したい情報,消してほしい情報に分類して,デジタル情報を家族に承継することそのものを「依頼」できる業者もあるそうです。

 

・ 遺族としては,あわててスマホを解約したりせずに,できるだけ情報を集めてから対処する。

・ また遺族の立場で,「必ず対応したいもの」(金融資産,通信契約など)「出来れば対応したい」(低額有料サービスの処理など)「ひとまず保管」(技術的に対処不能,専門業者に)に分類して,優先順位をつけて対処する。

といいとのことです。

 特に,スマホのロックを解除できないときにパスワードを当てずっぽうで入れ続けるのは「絶対辞めた方が良い」(下手をすると,連続エラーのために「初期化」されることもある)とのことでした。

 写真の本は,講演の先生の本です。

 かなり分かりやすくまとまっていて,「デジタル遺品」のことが気になる方,急に親族を亡くし電子データなどの扱いをどうしようかという立場の方にはおすすめの一冊です。