顧問契約料 弁護士費用について

一回ごとの費用のお支払いを頂くことなく,月あたり定額でサポートします。

「まるでその人の仕事しかやっていないかのような仕事」をモットーにしています。
連絡頂いたときには常に,顧問先にとって,快適なスピードで,ポイントを押さえた役に立つアドバイスを提供させて頂きます。

上記の範囲を超える依頼事件(示談交渉,訴訟など)のときは,別途事件の着手金・報酬金が必要になります。
ただし,顧問先の案件の場合は,標準的な弁護士費用額から10~30%の範囲で減額します。

事件の着手金・報酬金はこちら

顧問料

相談のうえ,希望されるサポート内容(相談,契約書チェックなどの種類や頻度)にあわせて設定させていただきます。
典型的な契約内容の例としては,次の表のとおりです。

(消費税別)

プラン ライト スタンダード フルサポート 別料金
月額費用 3万円 5万円 10万円
相談(事務所,電話,メールなど) 月3時間まで(超える場合は別料金) 制限なし 制限なし 1時間あたり1万円
契約書,就業規則などのチェック 月1件まで(2件目からは別料金) 制限なし 制限なし 執務時間1時間あたり3万円
法令などの調査 制限なし 制限なし
契約書の作成 別料金 別料金 月1通まで(2通目からは別料金)
内容証明郵便の作成 別料金 別料金 月1通まで(2通目からは別料金) 弁護士名表示の場合 5万円~
他の専門家紹介 必要に応じてサポートします。
会社案内やホームページ上での顧問弁護士の表示 表示していただいて構いません。
社内での研修,講演 別料金 年1回まで(超える場合は別料金) 年2回まで(超える場合は別料金) 1時間あたり5万円
個別案件の受任 別料金(ただし,通常の弁護士費用から10~30%の範囲で減額します)

※ ただし,執務内容(相談等の件数,内容)が多い場合には顧問料の増額をお願いすることがあります。
※ 開業1年内の事業者については,ご相談により上記より減額する場合があります。